安定した不動産投資はワンルームマンション投資がオススメ

長期的に留守にする時

つみ木の住宅

転勤などで住宅を留守にする際は、売却の前にリロケーションを検討されると良いでしょう。リロケーションは家主が住宅を留守にしている期間だけ、賃貸として貸し出すことをいいます。留守にしている期間は家賃収入が可能になるので、住宅に維持に必要な税金などの支払いも負担になりません。また、入居者が生活を送ることで、住宅の老朽化を防ぐ効果もあります。留守から戻って住宅に再入居する際も、建物が健康な状態で住むことができるでしょう。リロケーションを利用する際は、不動産会社に依頼することが勧められます。住宅の管理を一任すると、修理や修繕が必要になった場合も費用を負担してもらうことができます。また、入居者とのトラブルや家賃滞納が発生した際も、不動産会社が対応することでスムーズに解決できるでしょう。
住宅の賃料や管理手数料の設定も不動産会社のスタッフと打ち合わせを進めることによって、納得の行く金額を提示してもらえます。住宅の簡易査定を行なっている不動産会社も多いので、利用する不動産会社を選ぶ際の検討材料になります。そのため、なるべく複数の不動産会社から、査定価格を集めることが大切です。
住宅を受け渡す前に、不動産会社が指定する箇所のリフォームを行なう必要があります。入居者の方に気持よく利用いただける環境を手配することで、空室リスクを最低限まで下げられるでしょう。リロケーションを利用することで、住宅に長く住み続けましょう。

Copyright © 2016 安定した不動産投資はワンルームマンション投資がオススメ All Rights Reserved.